火災保険で屋根の修理|

屋根災害対策プロ
無料屋根診断
3分見積り

FAQ

火災保険で屋根の修理は本当にできるの?

先日の台風で、自宅の屋根に損傷を負ってしまったのですが、まだ雨漏りなどの実害が出ているわけではなく、それほど大きなダメージでもないような気がしたので、今まで何もしないで放置していました。
しかし、我が家よりも屋根に大きな被害を受けたご近所さんから、火災保険で無料で屋根の修理ができたと聞いて、状況を説明すると、時間が経つと保険が効かなくなるかもしれないから、早めに保険会社に連絡して、まずは屋根を確認してもらった方がいいとアドバイスを受けました。
被害の大きさに関わらず、本当に火災保険で屋根の修理はしてもらえるのでしょうか?
できるとすれば、具体的な手続きの仕方を教えてください。

answer

風災は火災保険でカバーされます

屋根の修理は火災保険の風災に適用されますので、保険で屋根の修理費を賄うことは可能です。
火災保険の保険金が、修理代金を上回ると、無料での修理が可能になります。
ただし、加入している保険の種類によって、適用される条件も異なりますので、まずは保険会社に連絡して、状況を伝えることからはじめましょう。
手続きを始める前に、ご自身が加入している保険証を確認しましょう。
そこで契約内容も確認できますが、保険証を確認したら、保険会社、もしくは屋根の修理業者に連絡すると、契約内容を詳しく確認してもらうことができます。
いずれにせよ、保険を適用させる場合は、屋根の修理業者が必要となり、保険に詳しい業者なら、屋根の状態を確認してもらえた後で、保険手続きの代行もしてくれます。
火災保険を使うには、現場の写真も必要になりますが、必要な作業は全て業者が行ってくれます。
その後申請書に記入して、保険会社にそれを提出し、保険会社が被害箇所を調査し、保険が適用になるかを審査しますが、修理業者に間に入ってもらうことで、工事内容の話し合いも保険会社としてもらえるので、審査で問題がなければ、ご自身の口座に保険金が振り込まれるのを待てばいいだけです。

PageTop

屋根・外壁 無料診断