火災保険を使って屋根修理|

屋根災害対策プロ
無料屋根診断
3分見積り

FAQ

火災保険を使って屋根を修理することは可能でしょうか?

ここ数年の激しい台風で、瓦がずれてきているので、屋根の修理を検討しています。
インターネットで調べたところ、屋根の修理には火災保険を使うことができるらしく、実質無料で修繕ができるらしいです。
しかし、私のイメージでは、火災保険というのは、火事や地震で家屋が倒壊した場合のみ使えるというものです。
よく、半壊じゃ使えない、全壊してほしかったなんて、聞いたことがあります。
それなのに、屋根の修理だけで、火災保険を使うことはできるのでしょうか?
火災保険を使って屋根の修理なんて言うのは、違法なのでしょうか?

answer

保険の種類によっては対応可能な場合もあります

一般的な火災保険には、大きくわけて3つの種類があります。
・住宅火災保険
・住宅総合保険
・オールリスクタイプ
の3つです。
相談者様がおっしゃっている、いわゆる「自然災害に対応した保険」というのは、住宅火災保険になります。
では、住宅総合保険やオールリスクタイプとはどんなものなのかというと、住宅総合保険は、水災や水漏れ、持ち出し家財の損害も補償される、住宅に関わる全てに適用されるタイプの保険です。
住宅火災保険にプラスした範囲が適用されるものになります。
そして、最後のオールリスクタイプというのは、各保険会社によって範囲は違いますが、住宅の老朽化にも対応している保険である場合があります。
特に屋根の場合は、風災と認定される場合があり、台風や暴風雨など、強い風によって屋根が壊れた場合は、火災保険の対象となります。
一度、保険会社に問い合わせてみて、加入の保険で風災が適用されるかどうか、確認してみると良いでしょう。

PageTop

屋根・外壁 無料診断