屋根の災害は火災保険でどこまで修理できる?|

屋根災害対策プロ
無料屋根診断
3分見積り

FAQ

屋根の災害は火災保険でどこまで修理できる?

以前の台風で屋根がダメージを受けてしまったようなのですが、すぐに雨漏りが起きたわけでもなく、屋根の上は普段目につかないために、これまでそのことに気づいていませんでした。
しかし、知り合いから災害から多少時間が経過していても、保険は使えると聞いて、保険会社に電話をしようと考えているのですが、災害を受けた屋根のダメージは、火災保険でどこまで修理してもらえるのでしょうか?
また、火災保険を利用する際の手続きの方法も教えてください。

answer

加入している保険の内容を確認することからはじめましょう。

台風や大雨や落雷などの災害で受けた屋根の被害は、火災保険で修理することができますが、補償範囲は加入している保険によって異なります。
火災保険にも一般的な「住宅火災保険」の他にも、「住宅総合保険」や「オールリスクタイプ」などといったいろいろな種類がありますので、まずは補償内容を確認することからはじめましょう。
もちろん内容が不明な場合は、保険会社に問い合わせることで確認することができます。
また、屋根の修理に必要な工事金額が一定額に満たない場合は、保険の補償が受けられないケースもありますし、災害で被害を受けてからかなりの年数が経っている場合も、補償を受けられないこともあります。
火災保険を申請する流れとしては、まずは修理業者を探して調査を依頼して、修理金額は一定金額に達している場合は保険の対象になるので、保険会社に連絡して必要書類を送ってもらいましょう。
ご自身で手続きを行わなくても、保険の申請のお手伝いをしてもらえる業者に修理を依頼すれば、面倒な手間は省くことができます。
保険を適用させるためには、見積書の提出以外にも、被害を受けている箇所の写真や、調査報告書なども必要となり、申請を受けた保険会社が用意した鑑定会社の損害保険鑑定人が被害現場を調査して、災害として認められると保険が適用になります。

PageTop

屋根・外壁 無料診断