屋根修理は火災保険適用で補修できますか?|

屋根災害対策プロ
無料屋根診断
3分見積り

FAQ

どうも屋根が壊れてしまったようです。火災保険適用で補修できますか?

近頃、雨が降った際に頻繁に雨漏りするようになってきました。もう長年住んでいるし、木造住宅ならそんなものかなと思っていたのですが、とうとう外からもダメージが分かるようになりました。どうも屋根と壁の境目部分にヒビが入っているようです。 屋根の修理として、工務店に修理をお願いしようと考えたのですが、友人が火災保険で屋根を修理したということをはたと思い出しました。こういった屋根の長年のダメージでも火災保険を適用した上で、修理をお願いすることはできるのでしょうか。

answer

条件はありますが、屋根の修理も火災保険の枠内でできます

火災保険で屋根の修理代金を賄うことは可能です。
ただし、保険会社にもよりますがその適用には種々の条件がありますので注意が必要です。
ここでは代表的な4つの条件をご紹介しましょう。
「風災だと認められること」まず人為的に壊れたもしくは壊されていないことが条件になります。
棟板金に浮きが認められる場合は、申請が通りやすくなるようです。
「屋根修理が必要になってから3年以内」今修理が必要なのであれば、今申請しましょう。
「屋根の修理費用が20万円以上」これは高いと感じられる方も多いかもしれません。
しかし、多くの修理案件の場合、表面の修理だけでなく屋根構図内部の修理も必要となるため、平均して20万円は超える傾向にあります。
まずは見積もりを工務店に出してもらいましょう。
「保険加入者自身の申請」火災保険適用申請は、加入者自身で行う必要があります。
工務店を通して行うことはできません。
申請後、風災専門の鑑定士がご自宅に伺い、屋根の状況を審査します。
この審査書と工務店の見積書を揃えて火災保険会社に申請します。
必ず申請が通るというものでもないので、経験のある工務店に相談すればアドバイスを受けることも可能でしょう。

PageTop

屋根・外壁 無料診断