屋根を変える際の保険|災害による屋根修理ならなら火災保険の保険適用率98%で屋根修理

屋根災害対策プロ
無料屋根診断
3分見積り

FAQ

台風の影響による被害を機に屋根を変えるのは保険が効きますか?

関東に台風が立て続けに上陸した後、屋根が剥がれてしまい、雨漏りするようになりました。正直、そろそろ屋根の寿命かなという時期だったので、起こるべくして起こったかもしれません。火災保険に加入しているので屋根の修理費用が補償されるのは分かっていますが、それならばむしろ屋根を新しく出来ないものかと考えています。被害があった場所だけでなく全面を新しい屋根材に変えるのは保険の対象外でしょうか?負担を少しでも抑えられる方法があれば教えて下さい。

answer

火災保険で全面葺き替えの屋根修理が補償されるケースもあります

火災保険を申請するには状況説明、写真、見積書などが必要です。申請したからと言って全ての事例が補償されるわけではなく、申請は意外と難しいものです。
突風、強風、台風、豪雨、積雪、落雷、ヒョウなどによる被害には火災保険を受けられます。経年劣化による修理は対象となりませんが場合によっては火災保険で修理できる可能性もあります。保険対応のスペシャリストがいる屋根修理業者へ相談することで保険の申請に有利なアドバイスを受けることが出来ます。複雑で専門的な知識を必要とするものですから個人で申請される前に相談するのが得策です。
屋根の寿命時期とのことですが、屋根修理には現在の屋根材を全て撤去して新しい屋根材に取り換える「葺き替え」方法と既存の屋根を撤去せず、その上に新しい屋根材をかぶせる「屋根カバー工法」と呼ばれる方法が挙げられます。現在の屋根材の種類によって可能な方法を選択することになります。例えばお住まいが瓦屋根であれば瓦屋根の上に新しい屋根材をかぶせることは不可能なため、自動的に屋根葺き替えとなります。現在がストレート屋根であればカバー工法が可能な為、御予算やお住いの環境に合わせて新しい屋根材を選びます。
台風被害箇所の修理に伴い、カバー工法で屋根材を新しくしたケースに保険が適用されたこともあるようですから屋根修理のプロに相談されてはいかがでしょうか。

PageTop

屋根・外壁 無料診断