瓦屋根の修理をするタイミングは?|災害による屋根修理ならなら火災保険の保険適用率98%で屋根修理

屋根災害対策プロ
無料屋根診断
3分見積り

FAQ

瓦屋根の修理をするタイミングは?

母が昨年病気で入院して、そのときに妻と交代で何もできない父の面倒を電車で1時間以上離れた実家まで毎日のようにみにいかなければいけなくて、お陰様でひと月程度で母は退院できて今は元気になったわけですが、両親とも70歳を過ぎてこの先もこのようなことは増えるということと、今年に入って一人息子が新社会人になって家を出ることになって夫婦二人になったので、長年暮らした賃貸マンションから実家に引っ越ししました。
私たち夫婦は共働きで、実家からでもお互いの職場までは40分程度で行けるし、そうすることで家賃もかからなくなり、私たちの老後のためにもお金を貯められると思い親との同居を決意しました。
引越しにあたり、多少のリフォームを行ったのですが、家の屋根材は瓦で、父曰く瓦は何十年ももつということですが、見た目でどのようになれば修理が必要だと判断すればいいのでしょうか?
瓦は大きな地震がくれば危ないと聞いて、もし葺き替えなどが必要な場合は軽量な材料に変更しようと思っているのですが、まだ修理で何とかなるうちは瓦のままでいきたいと考えています。

answer

見た目で異常を感じた場合は素早く専門業者に診てもらいましょう。

瓦屋根の修理やメンテナンスを行うべきタイミングですが、まずは瓦に割れや破損がある場合は、それが雨漏りの原因になってしまう恐れもありますので、部分的に瓦の補修や交換が必要になります。
また、地震などの自然災害によって瓦がズレてしまうこともあり、そのような場合も専門業者に依頼してズレを直す工事が必要となります。
全体的にみて、屋根が歪んでいると感じた場合も、修理やメンテナンスが必要になっている可能性が高く、屋根に歪みがあると、雨水を正常に地面に落とすことができなくなり、雨漏りの危険性が高まります。
その他にも、見た目で何かおかしいと感じた場合は、早めに対処することを強くおすすめします。

PageTop

屋根・外壁 無料診断