屋根修理を少しでも安くできる方法|災害による屋根修理ならなら火災保険の保険適用率98%で屋根修理

屋根災害対策プロ
無料屋根診断
3分見積り

FAQ

屋根修理を少しでも安くできる方法はありますか?

我が家は築40年以上になる古い日本家屋で、屋根は今どき珍しい日本瓦です。私の住んでいる地域は地元民が多いので、我が家と変わらず古い家もありますが、耐震のこともあり屋根を軽い材質のモノに変えているお宅が多いです。これまでも台風や大雨、豪風の際に瓦が飛んだり雨漏りしたりと言うのはありました。大工仕事が得意な父が屋根に登って修理していたものの、年齢的にも難しくなり、また家の老朽化も否めないため屋根修理をどうするか悩んでいます。葺き替え工事には莫大な費用がかかると理解しています。火災保険にはもちろん加入していますが、災害による修繕でなければ保険はおりないと知っていますので利用することはできません。
雨漏りの原因が老朽化によるものであれば修理は実費となるようです。うちのようなケースで少しでも修理費用を抑えられる方法があればアドバイスをお願いいたします。

answer

屋根修理工事専門業者と連絡をおとりになり、その上で保険会社へ申請を行いましょう

ご自宅や母屋ではない部分での被害と損傷とのことですが、そんな場合でもまずは屋根修理工事専門業者にご相談ください。場合によっては保険適用のケースに該当します。
そして、この申請ですが、複雑な事項が多くあるので一般の方が申請しても満額回答を得ることはなかなか容易ではありません。ぜひプロの力を使ってください。
一般的な火災保険適用工事申請の流れは以下になります。
まず、ご契約者様からのお問い合わせをいただき、その後専門業者が実際に現地で屋根の診断を行います。その後、専門業者の用意する診断書とフォームをもとにご契約者様にて適用申請用の書類を作成します。(ここが重要です。申請主体は工事をする人間ではなく、あくまで火災保険のご契約者様本人です。)
専門業者を通して保険会社へ申請したのち、損害保険被害鑑定専門の鑑定士による検査が行われます。この検査の際は、ご契約者様・屋根修理工事専門会社も同席するので、3者による現場でのチェックとなります。
この鑑定の後、保険会社から保険適用の可否と、可能な場合は支給最高額の提示が行われます。この金額をもとに修繕工事の契約を締結します。
火災保険の適用は100%申請が通るわけではありません。また、鑑定の結果によっては想定される工事費用に満たないも場合もあります。そんな際にもぜひ屋根修理専門業者にご相談ください。極力、ご要望に沿った工事の提案をしてくれることでしょう。

PageTop

屋根・外壁 無料診断