台風被害の保険の種類|

屋根災害対策プロ
無料屋根診断
3分見積り

FAQ

台風被害はどの保険で補償されるのでしょうか?

台風によって、屋根や窓ガラスや家の中の家具などの家財道具などが損傷を受けました。
幸い周りの家と比べると、被害は大きくないようで、窓ガラスが割れて家の中に雨水も入ってきましたが、家族総出で応急処置をして、ガラスが割れた窓には板を打ち付けたので、普通に生活する分には問題がない状態です。
すぐに修理業者を呼ぶことも考えましたが、家を建てたときに火災保険に加入したので、保険が適用になる条件をきちんと把握してから行動に移そうということになりました。
契約内容を確認すると、水災補償、風災補償、落雷補償などが受けられるみたいですが、落雷補償はともかく、台風には雨も伴っているので、なぜ補償が区分されているのかが良く分かりません。
それと、台風が原因で被害を受けた家財道具も、保険の対象になるのでしょうか?

answer

台風被害は水災補償と風災補償と落雷補償が適用されます

台風でも落雷が発生することがありますので、もしも落雷による影響で、家電製品などが壊れた場合は、落雷補償が適用になります。
風災補償は、台風、突風、竜巻、暴風などによる風により被害で、水災は、台風以外にも暴風雨や豪雨などによって起きた洪水や土砂崩れ、落石、高潮などによる被害をカバーするものです。
家財道具に関しては、保険の対象を何にしているかでカバーされるかどうかが決まり、建物を対象としていた場合は、屋根や窓の他にも、フロアー、もしくは畳を含む、床上にあるクロスの貼替え、家に入り込んだ泥水の撤去費用なども補償の対象となり、物置やカーポートも建物の補償に含まれます。
家財が保険の対象になっていない場合は、残念ながら使えなくなった家財は補償されませんが、対象になっていた場合は、家具や家電製品の他にも、衣類、自転車、原付自転車なども保険でカバーされます。
また、家財だけを保険の対象にしている場合は、建物の補償は受けられません。

PageTop

屋根・外壁 無料診断