台風で家屋が倒壊した場合の火災保険|

屋根災害対策プロ
無料屋根診断
3分見積り

FAQ

台風で家屋が倒壊しました。火災保険って適用されるのでしょうか?

大きな台風で被害に遭い、自宅が水浸し+風で壁が破損しました。
修理費もバカにならず、途方に暮れていましたが、見積もりを出してもらった工務店さんから「この規模の台風なら火災保険が適用されるはずだと思います」と言われました。
火災保険って、火事の時の補償だと思っていたんですが、そんなことないんでしょうか?

answer

台風でも火災保険は適用されますよ

質問者様のように、火災保険=火事だと思っている方は多いのですが、火災保険の内容を見ると、ほとんどの火災保険で「火災・爆発・落雷・風災・雪・ひょう災」がセットの補償となっているかと思われます。
台風は、風災に該当するので、壁の修理については火災保険は適用されるはずです。
ただ、浸水による家屋の被害や家具については、保険の種類によっては補償対象外となるので、保険会社もしくは代理店に確認した方がよいでしょう。
私も経験がありますが、火災保険ってついつい適当に選んでしまいがち。
おそらく、数多い保険の中でも、最も適当に選ばれている保険の1つだと思います。
生命保険や医療保険、車輌保険はみんな熱心に調べるのに、なぜ火災保険は適当になりがちなのでしょうか?
ほとんどの場合、やっぱりどこか他人事なんだと思います。
車で事故をする可能性や病気になる可能性と比べれば、家が住めないような状態の災害が起こる可能性の方が、確かに少ない様な気がします。
しかし、近年は自然災害が多発しており、このような考えを改める必要があるように感じています。
火災保険は、あなたの大切な家を守るための保険です。
使わないなら使わないに越したことはありませんが、万が一に備えて、ちゃんと見直す必要があるかもしれませんね。

PageTop

屋根・外壁 無料診断