台風被害に遭った際の保険請求の仕方|屋根災害対策プロなら台風被害の保険適用率98%で屋根修理

屋根災害対策プロ
無料屋根診断
3分見積り

FAQ

台風で自宅が被害に遭いました。保険請求の手続きを教えてください。

大きな台風で、自宅が台風被害として倒壊してしまいました。
幸い、火災保険に加入していたので、修理代については保険でカバーできると言われました。
保険会社に連絡して確認したところ、申請には修理箇所の写真などが必要と言われました。
台風で被害に遭ったばかりで、自分でそのように対応しなければならないのは少し大変です。
何か、代行できるサービスなどはありますか?

answer

修理業者に依頼すると良いでしょう

この度は、台風の被害に遭われたということで、大変でしたね。
まずは生活を安定させるためにも、ご自宅は早く修理したいところだと思います。

さて、台風被害における、保険申請についてですが、やり方は2パターンあります。

1つは、修理する前に保険の申請を行う場合です。

この方法は、まずは写真などで保険会社に破損箇所を送ります。

その後、保険会社の鑑定士の方が実際に現場まで足を運び、保険料の適正価格を算出し、その価格が支払われます。

このケースのメリットは、先に保険料がわかっているので、修理を依頼するときに予算を事前に伝えられるというものです。

一方デメリットは、保険金が支払われるまでに時間がかかるので、その間は壊れた家に住まなければなりません。

もう1つは、修理業者から保険会社へ申請してもらう方法です。

最近では、修理会社が保険の申請を代行し、依頼者さんを通さずに保険会社から直接修理会社へ保険料を支払われるケースも多いです。

この方法のメリットは、あなたがわざわざ手続きをせずにすむことと、修理を早くしてもらえることです。

デメリットは、保険料をオーバーした修理費用が発生する可能性があり、手出しで支払いをしなければならない可能性があるということです。

どちらにしろ、メリット・デメリットはありますが、修理業者も、破損状況で大体どのくらいの保険金が払われるかの相場は理解しているので、修理業者に代行してもらった方が色々と手間は省けると思います。

PageTop

屋根・外壁 無料診断