台風被害を火災保険で補償|屋根災害対策プロなら台風被害の保険適用率98%で屋根修理

屋根災害対策プロ
無料屋根診断
3分見積り

FAQ

台風被害を火災保険で補償してもらうことはできるのでしょうか?

先日、工務店を営んでいる知人と話していたのですが、その際に火災保険の話になりました。
火災保険なんて使う機会、ほとんどないと思っていましたが、その知人曰く、火災保険は台風や水害でも使えるとのこと。
そんな話、保険会社の営業から聞いた記憶がないので、半信半疑なのですが、もし本当ならば、火災保険を見直さなければいけないと考えています。
というのも、私の親戚が九州に住んでおり、今回の大雨で被害を受けたこともあり、身近な人が被害を受けたので私も自宅の保険や設備などをちゃんと見直そうと考えていたところだからです。
火災保険って、どこまでの災害で補償されるのでしょうか?

answer

火災保険は火事以外でも補償されます

火災保険は、火事だけではありません。
火災はもちろん、爆発、落雷、風災、雪災、ひょう災害などの補償が入っている保険があります。
台風は風災に該当するので、台風で家が被害に遭った場合も、保険で補償されるわけです。
火災保険は、火事や地震などの災害を想定している場合が多く、入居者さんは「とりあえず入っている」という感覚が強いでしょう。
保険会社としても、自動車保険や生命保険よりも契約の切り替えが難しいこともあり、あまり力を入れている営業がいないことも事実です。
だからと言って、いざという時に最も大切な保険が火災保険です。
火災保険の内容は、意外と吟味しないとダメです。
ただ、基本的に火災保険の内容は、どの保険会社も補償内容に差があるものではなく、保険料の高い・安いで大きな差が出るものでもありません。
そういう意味では、ネット保険比較などをみて、相見積もりをとって比較・検討することもおすすめです。

PageTop

屋根・外壁 無料診断