台風被害による火災保険の補償の内容|屋根災害対策プロなら台風被害の保険適用率98%で屋根修理

屋根災害対策プロ
無料屋根診断
3分見積り

FAQ

台風被害による火災保険の補償の内容について教えて下さい

屋根がかなり古くなっていることは分かっていましたが特に雨漏りがするわけでもなく、生活に支障はなかったためリフォームを考えたことはありませんでした。屋根のリフォームは莫大な費用がかかると聞いていましたので、年金暮らしの高齢者には大きな問題です。そんな中、先週の豪雨と突風の強さで雨樋が割れてしまったのと、瓦が飛んで無くなった箇所があり、屋根の土台部分がむき出しになっているようで、雨漏りが発生しました。
雨漏りの量がちょっと多く、バケツを何度も変えなくてはいけなかったので、かなりひどく屋根が傷んでいるのではないかと恐れています。
この被害による修理は全て火災保険で対応してもらえるでしょうか。

answer

台風や自然災害による被害は火災保険の補償対象です

台風の後に被害があった場合は保険会社へ被害報告を行い、保険の申請に必要な書類を送付します。これは屋根修理業者を探すより先に行わなくてはいけません。何故なら、災害時は保険会社への問い合わせが集中するため、保険請求の資料の入手にも時間を要するからです。資料請求を行ってから、保険対応に慣れている屋根修理業者を探しましょう。申請に慣れている業者を選ぶことで資料作成がスムーズに進み、保険の適用率が高くなります。
適正な金額、見積内容であれば保険会社が現地調査を経ず、保険金の支払いを行うケースが多いため、保険申請の仕方が重要なのです。ただ、この火災保険を悪用した悪徳業者も存在するため注意が必要です。お客様が保険金を受け取り、工事契約を結ばれた際、適切な修理を行わず手抜き工事をされたと言う報告が少なくありません。結果的に、雨漏りは完全に解決できず、クレームを言っても認めるわけがありません。屋根は見えない部分ですので確認が出来ないからです。これでは保険によって無料で修理する意味がなくなってしまいます。このため、修理業者を選ぶ際は屋根工事を専門にしている実績の豊富な会社を選ぶようにしましょう。出来れば相見積もりを取られた上で決められるのが賢明です。

PageTop

屋根・外壁 無料診断