屋根災害対策プロ

屋根災害対策プロ
無料屋根診断
3分見積り

施工事例一覧

火災保険適用額別 に見た
屋根リフォーム事例

近年では、台風をはじめ、ゲリラ豪雨や落雷などの自然被害が多くなり、それらによる住宅被害件数もかなり増えています。
特に常に雨風にさらされている屋根は、自然被害の影響を受けやすく、台風による暴風による飛来物により損傷を与えられて、台風中には雨漏りが発生したり、最悪屋根が剥がされ、吹き飛ばされてしまうこともあります。
そこまではいかなくても屋根が損傷すれば、リフォームなどの修理が必要となりますが、台風により屋根に被害を受けた場合は、火災保険が適用になります。
火災保険には住宅火災保険と住宅総合保険などがあり、補償内容は異なりますが、いずれの場合も「風災による損害」は補償対象となります。
ただし、屋根のリフォームや修理に必要な工事費が20万円以上であること、損傷事故が発生してから3年以内に申請することなどの保険法などでの決まりもありますので、台風により屋根に損傷を受けた場合は、後回しにしないで早めに対策しましょう。
屋根のひび割れなど、軽い損傷の場合は火災保険の補償対象外になる場合もありますが、2階の屋根が損傷していて、修理のために足場が必要になる場合は、それだけでも20万円以上はかかりますので、まずは保険会社に相談して、施工業者に調査や見積りを依頼しましょう。

〜30万円の事例を見る

〜60万円の事例を見る

〜90万円の事例を見る

〜120万円の事例を見る

〜150万円の事例を見る

150万円〜の事例を見る

PageTop

屋根・外壁 無料診断