台風被害で火災保険ならお任せ下さい。

屋根災害対策プロ
無料屋根診断
3分見積り

台風被害で火災保険【ポイントとFAQ】

わたしたちは、台風の被害に逢った大切な住宅の屋根や外壁をしっかり修理・修繕して、耐久性を高めるお手伝いもしています。
日本では、広い地域で毎年夏から秋にかけて台風の被害を受けています。近年では毎年のように台風が大型化していて、これまで以上の警戒が必要になってきています。
今までは台風の被害を受けたことがないという方でも、油断をしているといつ大きな被害に逢うか分からない状況です。また、家は年々劣化するため、屋根や外壁のひび割れや欠けなどから、被害が拡大する恐れもあります。ご自宅の屋根や外壁を見て、塗装の剥がれや錆があれば台風被害に逢う可能性は高まっていると判断してください。

台風被害で火災保険

わたしたちは、屋根・外壁工事の専門家をして、今すぐ修理すべき欠陥を見逃しません。無料で屋根や外壁の状態を診断して、正しい台風対策のプランをご提案させていただきます。
台風で屋根などに被害が出た場合は、火災保険で修理することが可能です。火災保険に加入していれば、台風被害は無料でカバーできる可能性が高いです。
屋根災害対策プロでは、面倒な保険申請も保険のプロがサポートしており、保険適用率は98%を誇っています。
台風以外でも屋根や外壁のことで問題や悩みがある場合は、どうぞお気軽にご相談ください。

01台風被害で保険適用される条件とは?

大きな被害をもたらす台風が数多く上陸している近年。台風の爪痕が各地に残り、時には町全体が浸水するほどの痛ましい被害を目にすることも。そして、台風が去った後には被害に対する補償についての問い合わせが殺到します。
持ち家の方は加入されている保険がどのようなケースに適用されるか把握されていますか?
火災保険の適用で屋根や雨どいの修理が出来ることをご存知でしょうか。しかし、保険会社は申請をすぐに受理するわけではないのも事実です。申請書類で判断できない場合は専門スタッフを派遣して現場調査を行い、明らかに台風被害によるものと確定できなければ適用可となりません。経年による劣化と判断されたり、以前から雨漏りしていた場合には不可となるでしょう。
それらの可否は、保険会社へ的確な保険申請書類を提出することにあります。しかし、一般の方が申請しスムーズに認可されるのは難しいとされ、専門知識のあるプロのサポートを必要とします。
台風被害が最も多い屋根修理を専門に行う会社には、火災保険申請調査を無料で行っているところがあり、保険申請も代行しています。これにより多くのケースで保険が適用され、保険による修理が行われているため今後の参考にされるとよいでしょう。

02台風被害に備えた保険加入で初めての方が注意するべきこと

地球温暖化の影響もあり、被害規模の大きい台風や大雨、暴風などが多くなった近年、ご家庭の対策は出来ていますか?
ご自宅が被害に遭う可能性は十分あり得るため、万が一に備えて火災保険の加入は必須だと言えます。その補償内容についても十分確認しておかなければ保険金が支払われない事もあるので見極めが必要です。
火災保険は台風に備えた補償として、風災・水災・落雷の3種類があり、被害状況によって補償される保険の種類が異なります。
水災補償は保険会社によっては選択が可能であり、落雷は火災保険の基本補償に含まれます。
火災保険では対象を何にするかで台風被害時に補償される内容が変わってきます。
保険の対象は""建物""と""家財""であり、建物は主に、窓・屋根・畳上や床上・物置・カーポートなどが該当します。一方、家財は家具・家電製品・衣類・自転車・原付自転車(125cc以下)などです。建物だけを選ばれると家財に関する被害の補償は受けられず、その反対も同様です。風災補償に関しては免責金額の設定額を高くしたために、損害保険金がほとんど支払われないケースもあるため、近年の症例などを参考に検討するのが望ましいです。過不足のない補償内容で災害時に備えておくようにしましょう。

台風被害に備えた保険加入で初めての方が注意するべきこと

03台風被害の保険適用における3つのお悩み

ここ数年、毎年のように台風や集中豪雨などの自然災害により、甚大な被害や損害を受けているのをご存知でしょう。決して他人ごとではなく、ご自身の地域に及ぶことも想定し、住まいの災害対策と共に、万が一に備えて、火災保険の見直しをされることも大切です。加入されている保険の補償内容についてよく認識していないという方は確認をされることをお勧めします。
台風被害に遭われ、保険適用に関して持たれたお悩みから3つの事例をご紹介しましょう。

1.強風で窓ガラスが割れ、家具とテレビも被害を受けたが家財への被害は補償されなかった

2.火災保険の対象物を建物と家財の両方にしていたが、契約時に明記していなかった物が雨漏り被害を受け、補償されなかった

3.風災でバイクに被害があったが家財に含まれないと保険会社に言われ補償されなかった


火災保険で補償される対象物は建物と家財に分かれ、保険加入時に選択できます。対象に含まれる物に被害を受けると保険が適用されますが、含まれない物に被害を受けても保険の対象になりません。また、家財のうち、1個の価格が30万円を超える貴金属や宝石、美術品などは、火災保険の契約書に明記していなければ対象になりません。
補償もれや対象の違いなどの保険適用トラブルを避けるために、補償の選び方や記載もれへの注意が必要です。

04台風被害による3つの補償の種類とは?

災害級の大雨、記録的大豪雨などのニュースが更新される近年、台風被害がいつ自分の地域に被害を及ぼすか、他人事と思えなくなっている方が多いと思います。
台風被害が大きいほど被害額は甚大なものになるため、万が一に備え、被害に適応される保険に加入しておくことが勧められます。
台風により受けた被害が補償されるのは「火災保険」です。火災保険はそのネーミングから火災による被害への補償と思われがちですが、自然災害や事故による住宅の損害を補償する保険です。
火災保険の補償の種類は3つありますので見ていきましょう。
・風災補償 強風による被害を補償するもので、台風以外の突風、竜巻による被害も風災補償に含まれます。風災によって起きた雨漏りなども補償対象に入ります。屋根被害に遭い、屋根修理などを行う際に適用される補償です。
・水災補償 台風による豪雨での被害を補償するもので、暴風雨や豪雨による洪水、土砂崩れや落石なども水災補償の対象です。水災保険は基本的な火災保険に付いていないことが多く、特約として付ける形が多いため、加入している保険会社に確認しておくのが賢明です。
・落雷補償 台風により落雷する場合もありますが、落雷により渦電流によって室内の電化製品に被害を与えることがあります。そういった落雷による被害を補償するもので、古いタイプの保険に含まれていることが多いです。
風、水、雷など台風により、どのような原因で被害が起きたのかで補償の種類が変わります。また、被害を受けても全てのケースで補償を受けられるわけではありません。建物や家具などが経年劣化、老朽化に起因していれば、被害に遭っても補償対象とならないため注意が必要です

FAQ一覧

PageTop

屋根・外壁 無料診断