台風被害で火災保険ならお任せ下さい。

屋根災害対策プロ
無料屋根診断
3分見積り

台風被害で火災保険【ポイントとFAQ】

わたしたちは、台風の被害に逢った大切な住宅の屋根や外壁をしっかり修理・修繕して、耐久性を高めるお手伝いもしています。
日本では、広い地域で毎年夏から秋にかけて台風の被害を受けています。近年では毎年のように台風が大型化していて、これまで以上の警戒が必要になってきています。
今までは台風の被害を受けたことがないという方でも、油断をしているといつ大きな被害に逢うか分からない状況です。また、家は年々劣化するため、屋根や外壁のひび割れや欠けなどから、被害が拡大する恐れもあります。ご自宅の屋根や外壁を見て、塗装の剥がれや錆があれば台風被害に逢う可能性は高まっていると判断してください。

台風被害で火災保険

わたしたちは、屋根・外壁工事の専門家をして、今すぐ修理すべき欠陥を見逃しません。無料で屋根や外壁の状態を診断して、正しい台風対策のプランをご提案させていただきます。
台風で屋根などに被害が出た場合は、火災保険で修理することが可能です。火災保険に加入していれば、台風被害は無料でカバーできる可能性が高いです。
屋根災害対策プロでは、面倒な保険申請も保険のプロがサポートしており、保険適用率は98%を誇っています。
台風以外でも屋根や外壁のことで問題や悩みがある場合は、どうぞお気軽にご相談ください。

01台風被害で保険適用される条件とは?

大きな被害をもたらす台風が数多く上陸している近年。台風の爪痕が各地に残り、時には町全体が浸水するほどの痛ましい被害を目にすることも。そして、台風が去った後には被害に対する補償についての問い合わせが殺到します。
持ち家の方は加入されている保険がどのようなケースに適用されるか把握されていますか?
火災保険の適用で屋根や雨どいの修理が出来ることをご存知でしょうか。しかし、保険会社は申請をすぐに受理するわけではないのも事実です。申請書類で判断できない場合は専門スタッフを派遣して現場調査を行い、明らかに台風被害によるものと確定できなければ適用可となりません。経年による劣化と判断されたり、以前から雨漏りしていた場合には不可となるでしょう。
それらの可否は、保険会社へ的確な保険申請書類を提出することにあります。しかし、一般の方が申請しスムーズに認可されるのは難しいとされ、専門知識のあるプロのサポートを必要とします。
台風被害が最も多い屋根修理を専門に行う会社には、火災保険申請調査を無料で行っているところがあり、保険申請も代行しています。これにより多くのケースで保険が適用され、保険による修理が行われているため今後の参考にされるとよいでしょう。

FAQ一覧

PageTop

屋根・外壁 無料診断