火災保険で屋根工事ならお任せ下さい。

屋根災害対策プロ
無料屋根診断
3分見積り

火災保険で屋根工事【ポイントとFAQ】

私たちは東京、神奈川、埼玉に営業所を置き、葺き替え工事や塗装工事などの屋根工事を提供しています。
無料でご自宅の屋根の診断をして、必要に応じて修理や修繕などの工事をさせていただきます。無料診断の訪問日は、24時間いつでもオンラインから予約可能で、診断結果や見積内容などに納得いかない場合は、工事をしていただかなくても費用は一切かかりません。
屋根の老朽が原因の場合は工事代は自己負担となりますが、火災保険に加入している方で、修理などをしなければいけない原因が補償の対象になっている自然災害によるものなら、自己負担を抑えて屋根工事を行うことができます。

火災保険で屋根工事

火災保険という名称から、多くの方は火災でしか保険が適用にならないと思っているようですが、火災保険は台風、大雨、地震などあらゆる自然災害の被害が補償対象となっています。たとえば、ゲリラ豪雨で雨樋などの屋根材がダメージを負った場合は、保険金で修理を行うことが可能です。
加入している保険によって、対象や補償内容は異なりますが、家を建てる際にほとんどの方は火災保険に加入するので、あなたにも火災保険を利用して無料で屋根工事ができる可能性は十分にあります。
屋根災害対策プロでは、火災保険が適用できるかどうかを判断して、保険適用のお手伝いもさせていただいておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

01火災保険が適応できる屋根修理とは?

火災保険と屋根修理がどう結びつくのかと不思議に思う方がいるかもしれません。
火災保険の補償内容の詳細は会社によって多少異なるものの、台風、大雨、大雪などで被害を受けた屋根や雨樋、外壁等の修理を火災保険で行うことが出来ます。
建物の築年数による劣化の度合いや、災害の被害状況も各建物によって異なりますが、保険申請のプロが在籍する屋根修理業者に依頼すれば保険適用率が上がります。
自然災害により雨漏りや破損などの影響を受けた場合は、速やかに修理業者へ相談し、調査してもらうことが重要です。破損や劣化を放置すれば建物の耐久性への危険が及び、簡単な修理では済まない場合もあるからです。
屋根修理の前には屋根診断を行いますが、診断を無料で行っている屋根修理業者があります。目視だけの点検でなく、サーモグラフィ調査や散水実験、ドローンによる空撮調査も加え、空から屋根全体の状態をチェックします。3階建て、4階建てなど高さに制限がないのがドローン調査の利点です。そして、被害個所に対し、火災保険の専門知識があるスタッフが的確な保険申請を行うことで高い保険適用率に繋がります。
その際は、保険適用の可否が分かってから修理工事を依頼するのが無難です。申請手続きに慣れた業者であれば、その間の被害箇所の応急処置をしてくれるでしょう。

02初めての方に分かりやすい、火災保険で補償される屋根修理について

近年は強力な台風や豪雨が増え、避難勧告が出ることも珍しくなく、自然災害の脅威を直に感じることが多くなりました。台風による被害は火災保険が適用されますが、全ての被害が補償されるわけではありません。
台風被害で影響の多い屋根に特化し、火災保険で補償されること、注意点についてご説明しましょう。
火災保険の対象は、風災補償、水災補償、落雷補償です。「風災」は台風・旋風・竜巻・暴風などによる損害のことで、強風で屋根が飛ばされた場合や屋根材が破損したことで起こる雨漏り被害などが風災補償となります。「水災」は台風や暴風雨、豪雨による洪水や高潮、土砂崩れなどによる被害で、床上浸水などが対象となり、屋根修理は該当しません。
「落雷」は落雷によって火災が起きたり、屋根が破損した場合に補償対象となります。
当然ながら、加入されている保険で対象となる補償の契約をしていなければ保険金の請求は出来ません。また、保険料を節約するために免責金額を大き金額に設定していて、台風被害による損害が免責額以下の場合、保険金は支払われないため十分な検討が必要です。
そして、台風による被害ではなく経年劣化による損害の場合は火災保険の補償対象になりません。
火災保険で修理出来ると思い込まず、保険会社からの審査及び保険適用が確定してから修理業者へ依頼するのがよいでしょう。

初めての方に分かりやすい、火災保険で補償される屋根修理について

03火災保険で屋根修理を行う場合の3つのお悩みについて

加入されている火災保険で風災が認められると保険金が支払われ、修理によっては実質"無料"で修理が出来ることもあります。
火災保険で屋根修理を行う場合に相談の多いお悩みから3つを取り上げました。

1.保険会社の調査で風災と認められなかった

2.業者から必ず保険金がおりると言われ鵜吞みにして修理を依頼したが適用されず、予想外の出費になった

3.業者に調査に来てもらったがあまりにも早く調査が終わり、見積り内容が信用できない


屋根修理が必要になった原因が経年劣化によるものと判断されると火災保険の適用とはなりません。
修理業者によっては仕事の受注を取るために「保険適用により無料で修理が可能」と根拠なく営業しているところがありますが、先の例のように風災と認められなければ適用となりませんし、保険が適用される前に修理工事を行うのは手順が異なります。正規の優良業者であればそのようなことはしません。また、屋根の調査は屋根に上がって屋根全体を点検する他、屋根の下材の確認や散水調査、ドローンなどによる映像の撮影も行います。
お客様に分かりやすく現状を説明してくれるのが屋根修理のプロですし、しっかり診断しなければ適正な修理はもちろん、見積もりも出来ないはずです。そのため、遠くから見ただけで簡単に調査が終わるというのはありえません。
工事を急ぐ営業や、屋根のプロと思えない対応の業者は敬遠しましょう。

04火災保険で屋根修理が出来る対象、災害の種類とは

災害により被害を受けた屋根の修理が火災保険の対象となることがあります。火災保険に加入されていても、屋根修理が含まれるとは認識されていない方もいるため、どのような被害が出た場合に自己負担なし、もしくは一部負担で屋根修理を行えるのか、災害の種類や補償の対象をご説明しましょう。
屋根修理の対象になる災害の種類
・風災
・雹災
・雪災

火災保険で屋根工事

また、火災により屋根が焼けてしまった、雷が落ちて屋根被害を受けた場合の修理にも保険適用の可能性があります。さらに、上記の災害で自宅の屋根に被害を受けた場合だけでなく、風で吹き飛ばされた隣家の瓦により自宅の屋根に穴を開けてしまったケースも対象となります。
意外と知られていないのが雹(ひょう)被害によるものです。積乱雲の発生しやすい5月、6月に多く、降雹により金属屋根に目立つへこみが出来たり、屋根を割ることも少なくありません。
雪による被害とはその重量による被災です。雪の重みにより雨樋が曲がったり、屋根の軒先が歪んだり、ベランダの波板が雪の重さで割れるなどといった被害が起こります。
自然災害によることが原因と認可されなければ火災保険が適用されないため、被害に遭った場合は速やかに保険会社に連絡するのがポイントです。

FAQ一覧

PageTop

屋根・外壁 無料診断