親族の家の屋根を火災保険で修理|火災保険で屋根工事ならお任せ下さい。

屋根災害対策プロ
無料屋根診断
3分見積り

FAQ

親族の家の屋根を火災保険で修理したいです。

親族の家の屋根が、先日の大雪で破損してしまいました。すぐにでも修理したいです。
友人に相談したところ、大雪の被害でも火災保険の適用で保険会社に修理代金を持ってもらうことができると聞きました。本当でしょうか?
火災保険の適用申請にはどんな書類が必要なのでしょうか?教えて下さい。

answer

大雪による屋根への被害でも火災保険の適用となる可能性があります

火災保険は、火災発生時に起きた損壊や破損でなければ適用にならないとお考えの方が多いのですが、実際は台風などの風災や大雪などの雪災、水災、雹災など様々な災害に対応しています。もちろん保険会社や加入している保険パッケージによりますが、今一度契約内容を確認してみる価値はあるでしょう。
適用となった場合は、自己負担額を極力抑えつつ、修理工事を行うことが可能です。
適用申請の際には、まず工事業者に工事の申込をします。その後、現地でプロの調査が行われ、保険申請書類の準備にかかります。この申請に関しては保険加入者本人の申請が必要となるので、業者による代行はできません。しかし、ご心配はいりません。工事業者側で適用経験の多いスタッフを派遣してくれて、記入をサポートしてくれます。
屋根診断の際は目視の他、最近ではドローンによるチェックも導入されています。より手軽に高精度な調査ができるので、工事準備や申請準備にかける時間を短縮できます。
保険会社への申請が終わったあとは、保険会社が派遣する鑑定士のもとで最終審査が行われます。この際も工事会社のスタッフが立ち会います。
その後、保険会社側で最終審査が行われ、その結果が申請者に通知されます。保険適用額に応じて工事の契約を工事会社と結びましょう。
多くの場合、始めに着工金を入金し、工事終了後に残金を入金します。万一、保険適用が叶わなかった場合でも、ご依頼いただいた方の準備できる範囲内の金額で、再度見積もりがなされます。まずはご相談下さい。

PageTop

屋根・外壁 無料診断