屋根工事で火災保険が適用は本当か|火災保険で屋根工事ならお任せ下さい。

屋根災害対策プロ
無料屋根診断
3分見積り

FAQ

屋根工事で火災保険が適用されるって本当ですか?

屋根の修理や工事で、火災保険が適用される可能性があるという話を聞きました。
そもそも、火災保険が適用される可能性があるってどういうことでしょうか?
火災保険が適用されるケースや、修理した後に火災保険が適用されませんでした、、、なんていうケースもありますか?
前々から、屋根が若干ひび割れていることは知っていました。
いつか修理しなければな、、、と考えていたのですが、先日、屋根修理の業者さんが自宅に訪ねてきまして、早急に修理した方が良いこと、そして火災保険が適用される可能性があることを伝えられました。
でも、火災保険を適用したら、それって不正給付になりませんか?
なんか、怪しいので教えてください。

answer

正式な手続きを行って申請します!

「屋根修理=火災保険」というイメージって、なかなかつきませんよね。
しかし、結論からいえば、屋根の修理が火災保険に適用される可能性はかなりあります。
これ、どういうことかと言いますと、意外と知られていないことですが、火災保険は家事や地震で建物が倒壊したときに使うものとして考えられていますが、実は特約として自然災害(台風をはじめとした大雨など)で自宅が損傷した場合にも適用されるようになっています。
屋根のダメージ具合にもよりますが、基本的には普通に生活していれば、そこまで屋根が損傷するということはありません。
そこで、考えられるのは、昨今の自然災害で、屋根が損傷したケースです。
ただし、災害なのかどうかは専門家の判断が必要なので、ちゃんと保険申請に対応したことがある業者にお願いすることで、保険が適用される可能性が高くなります。
不正受給ではなく、ちゃんとした手順を踏んだ上で申請するので、安心して利用してくださいね。

PageTop

屋根・外壁 無料診断