火災保険で屋根修理ならお任せ下さい。

屋根災害対策プロ
無料屋根診断
3分見積り

火災保険で屋根修理【ポイントとFAQ】

火災保険で屋根修理ができることをご存知でしょうか?
わたしたちは、自然災害で被害を受けた大切なご自宅の屋根の修理を行っていて、その際に火災保険の補償を適用させるお手伝いをしています。
台風や大雨や大雪や雹などで屋根が損傷を負って修理が必要なときには、屋根修理のプロフェッショナルである屋根災害対策プロにお任せください。
火災保険の適用内であれば、甚大な被害を受けた屋根でも0円で修理することが可能です。加入している保険の内容や、屋根の被害状況によっても補償の額は変わりますが、その点も含めてしっかりサポートさせていただきます。

火災保険で屋根修理

大切な家を常に守っている屋根がダメージを受けた場合は、できるだけ早めの修理が必要となります。自然災害で受けたダメージをすぐに修理しないと保険が適用にならないわけではありませんが、屋根が傷を負ってそこから雨水が建物の中に侵入すれば、最悪建て直しを余儀なくされることもあります。
高い場所にあり普段は目が届かない屋根だからこそ、ちょっとした見た目で大丈夫だと判断しないで、わたしたちプロを頼ってください。
自然災害の被害に逢ったこととは関係なく、わたしたちはいつでもお客様の大切な屋根の無料診断を行っています。もちろん、屋根の状態を確認して問題がなければ、修理代もその他の費用も一切かかりません。
屋根に少しでも不安があれば、どうぞお気軽に屋根災害対策プロまでお問合わせください。

01屋根修理と保険の関係とは

家の屋根の修理やメンテナンスが必要になる場合は、自分でそれを行う以外は、専門業者に依頼して費用を支払わなくてはいけません。
しかし、火災保険に加入している場合は、保険が適用となり修理代が無料になる可能性もあります。
火災保険の中には風災という補償があって、家の屋根を修理しなくてはいけない原因が風災ある場合は、保険金を受け取ることが可能となり、無料で修理を行うことができます。
もちろん、経年劣化で屋根の修理が必要なことが明らかなのに、風災と偽って保険金を受け取ることは犯罪行為となってしまいます。
また、そこに付け込んで自分の意思ではなくても業者側から保険を適用させることを提案してくるトラブルも増えていて、全国的に詐欺が発生しています。
風災が認められるのは、基本的には屋根修理が必要になってから3年以内であること、屋根の修理代が20万円以上であること、自分自身で申請することが条件となっています。
つまり、風災被害にあってしばらくしてからでも保険を適用させることは可能で、後から不具合に気づいても3年以内であれば間に合います。
これらの条件を満たせば、風災被害が原因で屋根がダメージを受けた場合は無料で修理ができます。

FAQ一覧

PageTop

屋根・外壁 無料診断