火災保険で屋根修理ならお任せ下さい。

屋根災害対策プロ
無料屋根診断
3分見積り

火災保険で屋根修理【ポイントとFAQ】

火災保険で屋根修理ができることをご存知でしょうか?
わたしたちは、自然災害で被害を受けた大切なご自宅の屋根の修理を行っていて、その際に火災保険の補償を適用させるお手伝いをしています。
台風や大雨や大雪や雹などで屋根が損傷を負って修理が必要なときには、屋根修理のプロフェッショナルである屋根災害対策プロにお任せください。
火災保険の適用内であれば、甚大な被害を受けた屋根でも0円で修理することが可能です。加入している保険の内容や、屋根の被害状況によっても補償の額は変わりますが、その点も含めてしっかりサポートさせていただきます。

火災保険で屋根修理

大切な家を常に守っている屋根がダメージを受けた場合は、できるだけ早めの修理が必要となります。自然災害で受けたダメージをすぐに修理しないと保険が適用にならないわけではありませんが、屋根が傷を負ってそこから雨水が建物の中に侵入すれば、最悪建て直しを余儀なくされることもあります。
高い場所にあり普段は目が届かない屋根だからこそ、ちょっとした見た目で大丈夫だと判断しないで、わたしたちプロを頼ってください。
自然災害の被害に逢ったこととは関係なく、わたしたちはいつでもお客様の大切な屋根の無料診断を行っています。もちろん、屋根の状態を確認して問題がなければ、修理代もその他の費用も一切かかりません。
屋根に少しでも不安があれば、どうぞお気軽に屋根災害対策プロまでお問合わせください。

01屋根修理と保険の関係とは

家の屋根の修理やメンテナンスが必要になる場合は、自分でそれを行う以外は、専門業者に依頼して費用を支払わなくてはいけません。
しかし、火災保険に加入している場合は、保険が適用となり修理代が無料になる可能性もあります。
火災保険の中には風災という補償があって、家の屋根を修理しなくてはいけない原因が風災ある場合は、保険金を受け取ることが可能となり、無料で修理を行うことができます。
もちろん、経年劣化で屋根の修理が必要なことが明らかなのに、風災と偽って保険金を受け取ることは犯罪行為となってしまいます。
また、そこに付け込んで自分の意思ではなくても業者側から保険を適用させることを提案してくるトラブルも増えていて、全国的に詐欺が発生しています。
風災が認められるのは、基本的には屋根修理が必要になってから3年以内であること、屋根の修理代が20万円以上であること、自分自身で申請することが条件となっています。
つまり、風災被害にあってしばらくしてからでも保険を適用させることは可能で、後から不具合に気づいても3年以内であれば間に合います。
これらの条件を満たせば、風災被害が原因で屋根がダメージを受けた場合は無料で修理ができます。

02初めての屋根修理で失敗しないためのポイントとは

屋根修理を初めて行う方が失敗しやすいのが、できるだけ安い費用で修理をしたくて価格重視で業者を選んでしまうことが挙げられます。また、自分で何とかできないかと考え失敗する方もいますが、屋根修理での失敗を避けるには、屋根についてのある程度の知識を身につけることが大事になります。
まずは、なぜ屋根修理をしなくてはいけないことを知りましょう。屋根の不具合をそのままにしておくと、欠陥部分から雨水が家の中に侵入して建物内部を腐らせてしまいます。
雨漏りが起きれば家の中にカビが生えたり、シロアリが発生したりして、家の寿命を短くしてしまうだけでなく、最悪建て直しを余儀なくされてしまいます。
このように、屋根修理が必要なのは、雨漏りをさせないことがポイントなので、そこをしっかり頭に入れておけば間違いを起こしにくくなります。
加えて、どうすれば雨漏りを起こしにくくできるか考えましょう。そこには、屋根材や塗料や施工技術が関係します。
高品質の屋根や制度の高い塗料は耐用年数を高めます。施工技術は屋根を長持ちさせてくれます。屋根の劣化具合の程度を確認できて、技術力の高い信頼できる業者を選択できれば、屋根修理で失敗する要素はなくなります。

初めての屋根修理で失敗しないためのポイントとは

03屋根修理を依頼する際に良くある3つのお悩み

1.屋根の修理を引き延ばしても大丈夫?
家を建てた瞬間から屋根の老朽化は進み、定期的に屋根のメンテナンスを行わなくてはいけません。
一般的には約10年スパンと言われているメンテナンスを、多少引き延ばししても構いませんが、屋根がダメージを受けていて修理が必要な場合は、放置することで雨漏りがおきて取り返しのつかないことになることもあります。

2.集合住宅の屋根の修理はどうすればいい?
マンションやアパートなどの集合住宅の屋根の修理は、その持ち主が行います。
通常は定期的にメンテナンスをして、屋根の状態を確認していますが、災害などでダメージを受けた場合は持ち主や管理会社が気づいていないこともあるので、屋根のトラブルに気づいたときには管理会社などの連絡を入れることをおすすめします。
また、古い建物のオーナーは、定期メンテナンスを怠るケースもあるため、その場合も住人の方から積極的に屋根の問題を指摘するといいと思います。

3.無料点検って本当に無料なの?
屋根を無料で点検すると謳っている業者のほとんどは、本当に無料で対応しています。
ただし、中には悪徳業者もいて、交通費などの経費を請求してきたり、無理やり工事の契約を迫ったりするようなこともあるので、無料点検してもらう業者は慎重に選択することをおすすめします。

04屋根の種類にはどのようなものがある?

火災保険で屋根修理

屋根材には「トタン」「粘土瓦」「セメント・コンクリート瓦」「化粧スレート」「天然スレート」「ガルバリウム鋼板」「銅板」「アスファルトシングル」などいろいろな種類があります。選択肢が多い屋根材には、それぞれにメリットやデメリットがあるため、予算や環境やデザイン性などを良く考えて屋根材選びを行ってください。
トタン屋根は亜鉛でメッキ加工した薄い鉄板素材で、単価は最も安いですが耐用年数やサビやすいなどの多くのデメリットがあるため最近では住宅にはほとんど使用されていません。
粘土瓦やセメント・コンクリート瓦は、耐用年数が高く塗装が不要などのメリットもありますが、工事費は他の屋根材に比べて高額で、何よりも重さがある分耐震性が低下する大きなデメリットがあります。
化粧スレートは、セメントなどを材料として作る板状の屋根材で、コロニアルやカラーベストなどとも呼ばれていて、現在日本の住宅でも最も利用されています。瓦屋根よりもかなり工事費が安く耐震性も高いです。
天然スレートは、岩石を材料とした薄い板状の屋根材で、化粧スレートよりもデザイン性が高い特徴があります。
ガルバリウム鋼板は金属の屋根材で、軽量で耐震性が高く、サビにくく安価で工事ができることから最近需要が高まっています。
その他の屋根材にもさまざま特徴があります。

FAQ一覧

PageTop

屋根・外壁 無料診断